主なカテゴリ
  • ホーム
  • サービス一覧
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 企業情報
  • 地方銀行一覧
  • ご利用先様専用ページ

プライバシーポリシー

当社は、個人情報保護を社会的責務と考え、個人情報保護方針を次のとおり定めております。
本方針は社内に周知徹底し、お客様の個人情報の漏えい等の防止と個人情報の適正利用に努めてまいります。

地銀ネットワークサービス株式会社

1.法令およびその他規範の遵守
個人情報の取扱に関して、個人情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守いたします。
2.個人情報の収集・利用・保管・提供
個人情報を提供いただく場合は、収集目的を明示し、これらの利用・保管について、当社の事業内容に基づき適切に取り扱います。
個人情報の外部への提供については、お客様が同意されている場合、法令により必要とされる場合、お客さままたは公共の利益のために必要であると考えられる場合を除いて、お客様の情報を外部に提供することはありません。
3.安全管理措置
個人情報への不正アクセス、漏えい、滅失またはき損等のリスク対策として、社内教育の徹底・セキュリティ管理体制の整備など、合理的な安全対策を講じます。
4.コンプライアンスプログラムの継続的改善
個人情報保護を適切に実行するため、コンプライアンスプログラム(個人情報保護規定、企業倫理行動指針遵守のための行動規範)を策定し、これを遵守いたします。また、これらは定期的に見直し、継続的な改善対応に努めます。
5.苦情および各種問合せ先
当社に対する苦情、当社保有の個人データに対する開示請求等に関するご質問、本方針に関するご質問等については、下記お問合せ先まで、氏名、住所、連絡先および問合せ内容を記載した電子メールもしくは郵便によりご連絡ください。ただし、ご質問内容によっては、お問合せされた方がご本人様であることを確認させていただくことがございますのでご了承願います。
なお、お問合せされた方の個人情報は、お問合せされた方を特定し、当社から回答させていただく目的でのみご利用いたします。

<お問い合わせ先>
住所: 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-6-7日本橋日銀通りビル
    地銀ネットワークサービス株式会社 企画部
電話番号: 03-6202-4163
e-mail: info@chigin-cns.co.jp
※個人データの開示等を希望されるお客様は下記用紙をご利用ください。
開示等請求書(6.0KB)

【サービスに関する個人情報の利用目的】

■個人情報を取扱う当社のサービス

当社は、下記に掲載されているサービスにおいて、お客様の個人情報を取扱うことがございます。

  1. (1)Web口振受付サービス
  2. (2)預金口座振替データ伝送サービス
  3. (3)コンビニ収納サービス・スタンダード
  4. (4)コンビニ収納サービス・リアル通知
  5. (5)コンビニ収納サービス・Web決済
  6. (6)ペイジー収納サービス
  7. (7)地銀自動会計サービス
  8. (8)地銀振込サービス
  9. (9)オールバンク振込サービス
  10. (10)マルチバンクレポートサービス
  11. (11)窓口収納情報通知サービス
  12. (12)法人向け情報Web
  13. (13)上記(1)~(12)に付随する業務
  14. (14)今後当社が取扱う地方銀行とお客様との取引関係を利用したコンピュータ・ネットワーク・サービス
■個人情報の利用目的

当社のサービスに関し、下記利用目的の範囲内で利用いたします。なお、特定の個人情報の利用目的が、法令等に基づき限定されている場合は、当該利用目的以外で利用いたしません。

  1. (1)お客様との契約や法律等に基づく権利の行使や義務の履行のため
  2. (2)他の事業者等から個人情報の処理の全部または一部について委託された場合において、委託された当該業務を遂行するため。
  3. (3)各種サービスの申込受付のため
  4. (4)適合性の原則等に照らした判断等、サービスの提供に係る妥当性の判断のため
  5. (5)サービスの解約や解約後の事後管理のため
  6. (6)アンケートの実施等によるサービスの研究や開発のため
  7. (7)その他お客様とのお取引を適切かつ円滑に履行するため

このページをプリントする

ページの先頭へ戻る

目的から探す

  • 一般企業
  • 地方公共団体・地方公営企業
  • 口座振替の申込をペーパーレスにしたい→インターネットまたは携帯電話から地方銀行に口座振替の登録ができるサービスです。
  • 複数の地方銀行とのデータ授受を取りまとめたい→当社を窓口として、一括して複数の地方銀行とのデータ送受信ができます。
  • CMTなどの媒体授受の代替策を検討している→CMTなどの媒体授受を無くし、データ伝送にできます。
  • データ授受の情報セキュリティを強化したい→サービス専用の回線を利用したデータ伝送を行なうので、磁気テープの紛失・誤配送の防止となり、情報セキュリティの強化が図れます。
  • 代金回収方法を拡大したい→代金回収手段を拡大することにより、回収率向上のほか、顧客満足度の向上が図れます。
  • 入金確認や諸経費の精算業務を効率化したい→全国の支店や工場の預金口座の入金確認や、公共料金など諸経費の精算業務を一括管理できます。
  • コンビニ収納サービスを利用したい→各種税・料金のコンビニ払いを可能とすることにより、納税者の利便性と収納率が向上につながります。
  • 公共料金の支払い事務を合理化したい→事前に引落明細データをお渡しすることにより、納付書払いから口座引落し払いに切替えができます。
  • TCOの削減をしたい→事務の効率化によって、ランニングコストの低減が図られます。
  • 環境への取組みを強化したい→ペーパーレス化により、温室効果ガスの排出抑制につながります。